Home > News

News

2018年6月4日

グリーンベルト6月号別冊「いざ、骨太・筋肉質のホール経営へ 設備・システム 大特集」に掲載されました。


空気の清浄・脱臭・排出機能を一台に集約
求められる分煙施策に新たな一手!

業界の「完全分煙化」が現実味を帯びてきた。喫煙ブースの設置を検討するホールも多いが、設置場所や配管工事など頭を悩ませる要因は多い。そんなホールに提案したいのが喫煙室用ワンパス脱臭装置「OP100」だ。

受動喫煙防止対策の観点から健康増進法改正案では、パチンコホールは屋内原則禁煙(喫煙専用室は設置可)とされており、喫煙ブースの設置を検討するホールが増加傾向にある。だが、喫煙ブースの設置場所や工事費用など設置までのハードルは高めだ。

J.G.コーポレーションがホール業界に新提案する喫煙室用ワンパス脱臭装置『OP100』は、業界の完全分煙化を視野に入れた画期的な製品だ。『OP100』は先に開催された「スマートビルディングEXPO」にも出展され、多くの来場者の注目を集めた。

最大の特長は空気の「清浄」、「脱臭」、「排出」機能がこの一台に集約されていることだ。

装置内部は「@プレフィルター」「A集塵セル」、「Bオゾン脱臭+オゾン分解触媒」「C多孔質科学吸着材」の順に4段階構造で形成されている。まず@で大きな塵を捕集し、Aの二段荷電式電気集塵でタバコの煙の粒子を捕 集。その後Bで臭いを強力酸化脱臭し、Cで有害な化学物質を除去する。

この4段階構造により脱臭効率は驚異的な99・8%以上を実現。また、装置には無段階変速ファンを内蔵しているため、処理した空気を室内排出することが可能となっている。つまり、屋外排出工事が不要のため、設置のしやすさとコスト面が両立したホールにとって朗報ともいうべき設備だ。

同社の渡邊秀太室長は「店舗規模が大きい場合、スペースの関係上、喫煙ブースの設置場所は端になりがちです。よって遊技している場所によってはお客様は長い移動を強いられます。しかし、『屋内排出』なら店舗の中央部にも 設置できます。喫煙ブースまでのアクセスの良さは、集客面、稼動面においても今後重要なファクターになると思います」と、"屋内排出"のメリットは先述の設置面やコスト面に留まらないと話す。


※「グリーンベルト6月号別冊」に掲載

一覧に戻る